司法書士法人ジェネシス 相続放棄の相談

相続放棄のご相談はこちら
相続放棄でお悩みですか?まだあきらめないでください!まずは、私たち相続放棄の専門家にお相談ください!
簡単なご入力で相続放棄の可否を無料診断します。
3ヶ月を超えた相続放棄も諦めないで下さい!
相続放棄でお悩みですか?まだあきらめないでください!まずは、私たち相続放棄の専門家にお相談ください!
簡単なご入力で相続放棄の可否を無料診断します。
3ヶ月を超えた相続放棄も諦めないで下さい!

相続放棄でお困りですか?

相続放棄専門サイトを運営する司法書士法人ジェネシスは、相続放棄に関するご相談を全国どこでもお受けしております。
相続放棄についてお悩みがありましたら、あきらめてしまう前にぜひ当事務所へご相談ください。ご相談は無料です。

当事務所が相続放棄で選ばれる理由

相続放棄の成功率98.3%!
※当社調べ

ご相談は何度でも無料!

相続放棄の解決事例

【お悩み事例1】遠い親戚の借金の督促が来た!

遠い親戚の借金の相続を放棄をした事例Nさんは高校卒業後上京し、地元から離れて生活していました。 ある時、自宅に帰ると、見覚えのない業者からの手紙が来ており、中を見てみると親戚名義の借金の督促状でした。 Nさんはびっくりして実家に連絡をすると、その親戚が亡くなり相続が発生したのだけど、亡くなった親戚には借金が多くあり、他の親戚はすでに相続放棄をしているそうで、ご実家に住むご家族もちょうど相続放棄の手続をしたところだと聞かされました。

このままでは自分が借金を返済することになってしまうと焦ったNさんは、相続放棄についてインターネットで調べ、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

【お悩み事例2】父が所有していた山林を手放したい!

父親が所有していた不動産の相続を放棄した事例Sさんは5人兄弟の末っ子で、実家から離れて生活していました。 昨年、お父様が亡くなり、相続人となったのですが、亡くなったお父様は貯金や所持金が少なく、代わりに山林や田畑などの土地を多く所有していました。 Sさんも、お父様の所有していた土地の一部を相続することになる予定だったのですが、実家からは離れて暮らしているため、相続しても土地を利用する予定もなく、また、その土地にかかる固定資産税を聞いたところ、お父様が亡くなった年の金額で50万円を超えており、Sさんにはその負担の方が大きいと感じたため、土地の相続をしない方法はないかと、当事務所へご相談のご連絡をいただきました。

【お悩み事例3】行方不明の家族の借金の督促が来た!

行方不明の家族の借金の相続を放棄した事例Iさんには何年も所在が分からないお兄様がいるのですが、ある日Iさんのところに金融会社から、お兄様名義の借金の督促が届きました。 お兄様は現在どこにいるのかも、生死も不明な状態で、本人に連絡を取りたくてもどうすることもできません。 このままでは自分がお兄様の借金を返済していかなければならないと不安になり、当事務所へご相談をいただきました。

【お悩み事例4】死亡後3ヶ月超えのケース

遠い親戚の借金の相続を放棄をした事例ご相談のきっかけ:金融機関から父親の借金の督促状が届いた。

ご相談内容:督促状によると父親が死亡したのは数年前。財産の相続放棄を行いたいが、ご相談者が幼い頃数十年も前に両親は離婚しており、父親の事をほとんど覚えておらず、記憶にない。

【お悩み事例5】被相続人の父と疎遠で住所、本籍地が不明なケース

遠い親戚の借金の相続を放棄をした事例ご相談のきっかけ:役所から父親の税金(固定資産税)の督促状が届いた。

ご相談内容:父親が死亡したが疎遠であったため、今後のことが心配。
万が一のことを考えて遺産は相続放棄を行いたいが、父親は戸籍が複雑だったため、間に合うかどうか分からず不安。

【お悩み事例6】親族が外国籍のため戸籍が取得できないケース

遠い親戚の借金の相続を放棄をした事例ご相談のきっかけ:税務署から弟の税金(所得税、消費税)の督促状が届いた。

ご相談内容:税務署に問い合わせたところ、先順位相続人である弟の妻子の相続放棄により、自分が相続人となったことを知った。
しかし、亡くなった弟とは長い間疎遠であり、また財産の有無も不明であったため、今後相続については一切関わりたくないので、相続放棄を行いたい。

相続放棄の専門家の選び方

「相続放棄をしたいから相談に乗ってもらいたいけど、どこに相談したらいいだろう?」そう思ったことはありませんか。

相続放棄はどの専門家に相談(依頼)したらいいのだろう・・・。目に見えるものであれば、その特徴や性能を想像することができると思います。
しかし、我々が提供するような、手続という目に見えないサービスの場合、どういった内容でどのように進められていくのか、どれくらいの費用がかかるものなのかといったことが良く分からず、依頼をすることにためらいを感じてしまう方も多くいらっしゃると思います。

そこで、相続放棄の専門家の選び方のコツをお伝えしたいと思います。

依頼したい内容の専門家であるか
ホームページなどに、依頼したいと思っている内容と合う業務について詳しく書かれていること、その業務の実績が掲載されていることなどを確認しましょう。 情報を豊富に掲載している専門家は、知識も経験も豊かな証拠です。 一つの問題に対しても、様々な側面から解決方法を提案してくれますので、依頼者様にとってより有利に相続放棄を進めることができます。
「書類を作って終わり」ではなく、アフターケアまで含まれているか
相続放棄の主な業務は、手続書類の作成と家庭裁判所への提出です。 しかし、相続放棄が完了するまでには、提出した後も裁判所からの質問書である「照会書」への返答を行ったりと様々なことをしなくてはなりません。 それらの書類提出後の手続についてもしっかりと対応し、依頼者様の負担をできる限り軽くしてくれる専門家に依頼しましょう。
【相続放棄の無料診断】簡単な入力で相続放棄の可否を診断します
無料相談でのお問い合わせはこちら無料相談でのお問い合わせはこちら