司法書士法人ジェネシス 相続放棄の相談

相続放棄のご相談はこちら
相続放棄でお悩みですか?まだあきらめないでください!まずは、私たち相続放棄の専門家にお相談ください!
簡単なご入力で相続放棄の可否を無料診断します。
3ヶ月を超えた相続放棄も諦めないで下さい!

相続する順番

親や親族が亡くなった時に、相続をするべきは相続人です。そのため、相続人が誰かということが重要なポイントになってきます。

そこで相続放棄を誰かがすると、場合によってはほかの方が相続人になってしまう場合もあります。相続には順位がありますが、どういった場合に、誰が相続人となるのでしょうか。

亡くなった方の配偶者が既に亡くなっていた場合はどうなるのか、子どもがいなかった場合はどうなるのかなどいろいろな疑問が浮かんでくると思います。

相続の順位

相続の順位 第0順位 第1順位 第3順位
  • 第0順位  配偶者
  • 第1順位  子ども以下の直系卑属
  • 第2順位  親以上の直系尊属
  • 第3順位  兄弟姉妹の横のライン

相続する順番は法律でこのように定められており、第1順位の相続人が誰もいなかった場合に第2順位の親族が相続人となり、第1順位、第2順位の親族が誰もいなかった場合に第3順位の人が相続人にとなります。

つまり、自分の両親や配偶者が亡くなった場合は、必ず相続人となります。

ケース1亡くなった方の配偶者が既に亡くなっていた場合

亡くなった方の配偶者が既に亡くなっていた場合

亡くなった方の配偶者は必ず相続人となりますが、その配偶者の方も既に亡くなっている場合、相続人は第1順位である子どもとなります。 まだ被相続人の親がご存命の場合でも、第1順位の相続人がいる場合は、相続人にはなりません。

亡くなった方に子どもがいなかった場合は、第2順位である親が相続人となります。 親は、配偶者が相続人としているが、第1順位の子どもがいない場合にも、相続人となります。

ケース2亡くなった方の子どもが既に亡くなっていた場合

亡くなった方の子どもが既に亡くなっていた場合

この場合、既に亡くなっている子どもに子ども(つまり孫)がいる場合、孫が相続人となります。 子どもの配偶者は相続人ではないのかと思われるかもしれませんが、この場合、子どもの配偶者は、相続人とはなりません。

【相続放棄の無料診断】簡単な入力で相続放棄の可否を診断します
無料相談でのお問い合わせはこちら無料相談でのお問い合わせはこちら