司法書士法人ジェネシス 相続放棄の相談

相続放棄のご相談はこちら
相続放棄でお悩みですか?まだあきらめないでください!まずは、私たち相続放棄の専門家にお相談ください!
簡単なご入力で相続放棄の可否を無料診断します。
3ヶ月を超えた相続放棄も諦めないで下さい!
  • ホーム
  • 相続放棄の前に確認すること

相続放棄の前に確認すること

相続と過払い金相続放棄をすると、亡くなった方の借金も財産も一切相続をしませんが、実は亡くなった方の過払い金が請求できることはご存知でしたか?

「亡くなった親が消費者金融から多額の借金をしていたことが分かったので、相続を放棄したい」というご相談をよくお聞きします。

借金があったことが発覚した場合、それを相続してしまうと負担になってしまうのでできれば相続したくないと思うかもしれませんが、消費者金融やカード会社からの借入れが発覚した場合は、相続放棄を検討する前に確認をしていただきたいことがあります。

それは過払い金の調査です。

過払い金って何?

過払い金というのは、債権者に払いすぎた利息のことを言い、貸金業法が改正される前までは、法定利率を超える範囲で借入れの契約を行っている人がほとんどでした。

亡くなった方が生前に消費者金融やカード会社から借入れをしていた場合、高い確立で利息制限法の範囲を超える利率で契約を行っていた可能性があります。

過払い金が発生していることが分かっている場合、その債務を相続した人が過払い金を請求することが可能です。

この、亡くなった方の過払い金でも請求ができるという事実は、あまり知られていないことです。 そのため、それを知らずに相続放棄をしてしまう方も少なくありません。 しかし、相続放棄をしてしまうと、その権利も放棄してしまうので過払い金の請求を行うことができなくなってしまいます。

故人に消費者金融や、カード会社からの借入れがあった場合には、相続放棄を行う前に、財産と負債がそれぞれどれくらいあったのか、きちんと調べてみることをおすすめします。 故人が生前に完済している場合でも、完済した日から10年以上経っていなければ、相続人からの請求が可能です。 手元に資料がなくても調査は可能ですので、まずはご相談ください。

債権放棄の書面に注意

消費者金融との契約書消費者金融から借入れをしている方が亡くなった場合には、相続人に対して消費者金融から債権放棄の書面が届く場合があります。

債権者から突然債権放棄の書面が送られてきたら、とりあえず故人の借金を払わなくて良くなるのであればと、合意をしてしまうところですが、ここが注意点です。 消費者金融が債権放棄の書類を送ってくる場合、その故人の債務は、実は過払い金が発生していることが多いのです。

ですので、故人が消費者金融から借金をしていることが分かった場合、相続放棄を検討する前に業者との取引履歴を確認したり、専門家に相談をしましょう

【相続放棄の無料診断】簡単な入力で相続放棄の可否を診断します
無料相談でのお問い合わせはこちら無料相談でのお問い合わせはこちら