司法書士法人ジェネシス 相続放棄の相談

相続放棄のご相談はこちら
相続放棄でお悩みですか?まだあきらめないでください!まずは、私たち相続放棄の専門家にお相談ください!
簡単なご入力で相続放棄の可否を無料診断します。
3ヶ月を超えた相続放棄も諦めないで下さい!

相続放棄の落とし穴

相続による不動産登記のご相談にいらした方で「遺産分割協議で遺産を受け取らないと決まったので、私は相続放棄をしています」とおっしゃられる方がいます。

相続放棄の落とし穴詳しくお話を伺うと、「遺産を一切受け取らない代わりに、借金も相続しないと相続人同士で決めました」というお話を聞きます。 遺産分割協議書に遺産を受け取らないという内容で判子を押した=相続放棄をした、と思われるかもしれませんが、実はこれでは相続放棄をしたことにはなっていません。

詳しくお話しすると、遺産分割協議で一切の遺産を受け取らないと決めたという場合、法律上では、「相続人として遺産を分割した結果、協議した内容の遺産はゼロという割合で分割をしました」ということになり、相続人であることには違いありません。

つまり、後にこれ以外の遺産が発見された場合、遺産分割協議に取り決めがないものに関しては、もう一度遺産分割協議を行わなければならなくなってしまいます。 これが借金だった場合、支払いをしなくてはならなくなってしまうこともあります。 銀行などの金融機関は、貸し倒れのリスクを少しでも減らすために、亡くなった人の借金は相続人全員に弁済を要求してきます。

このように、遺産分割協議で遺産を受け取らないと決めたことと、家庭裁判所で相続放棄の手続を行うことは、まったく意味が異なってきます。

相続放棄は家庭裁判所の手続きが必要!

相続放棄はあくまでも家庭裁判所での手続以外では相続放棄にはなりません。

遺産は後を継ぐ人に全部渡したいという場合や、被相続人とは縁が遠いので、遺産を受け取るつもりはないという場合は、相続人としての権利を確実に放棄する相続放棄の手続を行うほうが、後々面倒なことに巻き込まれることもなく安心です。

「こんなときはどうなるんだろう?」や、「手続きはどんなことをしたらいいのだろう?」など、不安なことがありましたら、専門家である当事務所へすぐにご連絡ください。

【相続放棄の無料診断】簡単な入力で相続放棄の可否を診断します
無料相談でのお問い合わせはこちら無料相談でのお問い合わせはこちら