司法書士法人ジェネシス 相続放棄の相談

相続放棄のご相談はこちら
相続放棄でお悩みですか?まだあきらめないでください!まずは、私たち相続放棄の専門家にお相談ください!
簡単なご入力で相続放棄の可否を無料診断します。
3ヶ月を超えた相続放棄も諦めないで下さい!

よくある質問

相続放棄をしなかった場合どうなるのですか?
A.相続放棄をしなかった場合は、相続開始を知った時から3ヶ月以内に限定承認を行わなければ通常の相続(単純承認)となり、被相続人の資産も借金の返済義務もすべて相続分に応じて相続します。 資産は、相続人同士の話し合い(分割協議)で分け方を決めることができますが、負債については、債権者の承諾なしに相続人が勝手に分けたりすることはできません。
相続放棄には期限がありますか?
A.相続放棄は、自身に相続の開始があったことを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てをしなければいけません。 「相続の開始があったことを知った日」というのは、単純に被相続人が亡くなった日のことではなく、自分が相続人であると自覚し、かつ財産の存在を認識した時、または認識できたであろう時とされています。
借金の部分だけ相続放棄をすることはできますか?
A.相続は「全て相続する」か、「すべて放棄する」かのどちらかしかできません。 資産もあるけれど、借金もあり、どちらが多いかが分からない場合は相続財産の範囲を限度として相続を承認する「限定承認」という制度の利用が有効です。
金融機関から亡くなった父の借金の督促状がきました。これは返済しないといけないのでしょうか。
A.相続放棄の申し立て期間内であれば、相続放棄の手続を行うことによって借金の支払いをしなくてよくなります。 相続放棄の期間は、被相続人が亡くなった日からではなく、「相続人であることを自覚し、かつ財産の全てまたは一部の存在を認識した時」から3ヶ月ですので、借金があると発覚した時点で、すぐに専門家に相談しましょう。
被相続人の不動産を売ってしまった後に借金が分かったので、やはり相続放棄したいのですが…。
A.相続放棄の申立て期間内であっても、財産を処分したりした場合、既に相続を承認したものとみなされ、相続放棄をすることができません。
未成年でも、相続放棄をすることはできますか?
A.たとえば、父親が亡くなり配偶者である母親と、その子どもが相続人となりますが、相続人となる子どもに未成年者がいた場合はその親である母親が法定代理人となり、手続を行います。 しかし、親が未成年の子どものみ相続放棄を行う場合、利益相反行為(一方には利益があるが、もう一方には不利益となる行為)に当たるとされており、その未成年者を代理して相続放棄をすることはできません。 子どものみ相続放棄をする場合は、家庭裁判所へ「特別代理人」を選任する必要があります。 相続人である未成年者と、親が同時に相続放棄をする場合や、未成年者のみが相続人である場合には、親が代理をして相続放棄の手続を行うことが可能です。
認知症の母親が相続放棄をするにはどうしたらいいですか?
A.認知症と診断されている相続人が相続放棄をする場合は、家庭裁判所へ成年後見人選任の申立を行うことで、成年後見人が代理して相続放棄を行うことができます。
【相続放棄の無料診断】簡単な入力で相続放棄の可否を診断します
無料相談でのお問い合わせはこちら無料相談でのお問い合わせはこちら