司法書士法人ジェネシス 相続放棄の相談

相続放棄のご相談はこちら
相続放棄でお悩みですか?まだあきらめないでください!まずは、私たち相続放棄の専門家にお相談ください!
簡単なご入力で相続放棄の可否を無料診断します。
3ヶ月を超えた相続放棄も諦めないで下さい!

相続放棄とは

相続放棄とは

相続放棄というのは、その言葉の通り「相続人が相続する権利を放棄すること」を言います。 相続人を辞退するとも言えます。
相続人ですらなくなりますので、亡くなった方からの遺産を一切受け取らないということです。

なぜ相続を放棄するのかというと、当サイトをご覧いただいてる方はすでにご存知の方も多いと思いますが、遺産は必ずしもプラスの財産だけとは限らないからです。

相続が発生する遺産には、土地や建物などの
「不動産」や預貯金や保険金などの「現金」、「株式」、「電話加入権」といったものの他に「借金」や「滞納金」なども遺産として相続が発生します。

亡くなった方が生前に借金をしていたり、借金の連帯保証人になっていた場合、金融機関は亡くなった方の相続人へ返済を求めます。 自分がまったく知らなかった借金の支払義務がいきなり生じてしまうのです。

そういった場合に、相続放棄の手続を行います。

相続放棄は法律上の手続を踏むことによって成立します。遺産分割を決める際に「何も受け取らない」と決まっただけでは相続放棄をしたことになりません。

相続放棄をするためには

では、法律上きちんと有効となる相続放棄を行うためにはどうすればいいかと言うと、家庭裁判所へ相続放棄すると申述する必要があります。家庭裁判所へ申述するにあたり注意する点は以下の通りです。

  1. 相続放棄をするためには、相続が開始されたことを知ってから3ヶ月以内に申述をすること。
  2. 相続放棄をすると、自動的に次の順位の人(例:親の相続を子どもが放棄したら、孫が自動的に相続人となるなど)へ移ります。その結果、相続順位が変わり知らない間に本来なら相続人にはならないはずの方が相続人となっている場合があります。
  3. 不動産は相続するけど借金は相続しない、というように相続する財産を選ぶことはできません。
【相続放棄の無料診断】簡単な入力で相続放棄の可否を診断します
無料相談でのお問い合わせはこちら無料相談でのお問い合わせはこちら