司法書士法人ジェネシス 相続放棄の相談

相続放棄のご相談はこちら
相続放棄でお悩みですか?まだあきらめないでください!まずは、私たち相続放棄の専門家にお相談ください!
簡単なご入力で相続放棄の可否を無料診断します。
3ヶ月を超えた相続放棄も諦めないで下さい!

用語集

相続人
相続において、被相続人の一切の権利や義務(借金などのマイナス財産を含む)を受け継ぐことになる立場の方のことを相続人(法定相続人)といいます。
被相続人
相続財産を遺して亡くなった方のことを「被相続人」(ひそうぞくにん)といいます。
相続放棄
法定相続人となった場合に、被相続人の残した財産(プラスの財産もマイナスの財産も)の一切を受け継がないことをいい、 相続放棄(家庭裁判所への申述が必要)するとその法定相続人は初めから相続人でなかったことになります。
限定承認
相続を受けた人が、プラスの財産の額を限度としてマイナスの財産を引き継ぐという方法です。 この方法は、マイナスの財産が多いけれど手放したくない財産がある場合や、プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いか分からない場合などに有効です。
単純承認
一般的に言われる相続のことで、被相続人の財産をすべて引き継ぐ方法のことをいいます。 相続の開始を知った日から3ヶ月以内に限定承認または相続放棄の手続を行わない場合、自動的に単純承認とみなされます。
遺贈
遺言によって財産を譲る方法のことをいい、財産を渡す人、受ける人両方の合意によらず、渡す人の意思のみで行われる点で、贈与とは異なります。
遺産分割協議
法定相続人全員が参加し、被相続人の遺産をどの用に分配するか協議することをいいます。
遺留分
法定相続人のうち、兄弟姉妹以外の相続人に認められている最低限の遺産のことをいいます。 相続人が受ける相続分は、法律上「遺留分」として一定の割合が保障されています。
【相続放棄の無料診断】簡単な入力で相続放棄の可否を診断します
無料相談でのお問い合わせはこちら無料相談でのお問い合わせはこちら